歌川国芳 木曽街道六十九次之内 浦和 魚屋 団七 1852 Kuniyoshi/Kisokaido rokujukyu tsugi no uchi Urawa/Danshichi/May.1852 #浮世絵#木版画#錦絵#ukiyoe#woodblockprint#夏祭浪花鑑

歌川国芳 木曽街道六十九次之内 浦和 魚屋 団七 1852

Kuniyoshi/Kisokaido rokujukyu tsugi no uchi Urawa/Danshichi/May.1852

歌川 国芳(うたがわ くによし、寛政9年11月15日(1798年1月1日[1] ) – 文久元年3月5日(1861年4月14日))は、江戸時代末期の浮世絵師。号は文政初年から万延元年にかけて一勇斎国芳といい、後に彩芳舎(文政中期)、朝桜楼(天保初年から万延元年)、雪谷、仙真とも号した。歌川を称し、狂歌の号に柳燕、隠号に一妙開程芳といった。江戸時代末期を代表する浮世絵師の一人であり、画想の豊かさ、斬新なデザイン力、奇想天外なアイデア、確実なデッサン力を持ち、浮世絵の枠にとどまらない広範な魅力を持つ作品を多数生み出した。ウィキペディアより
#刺青原画 #デザイン #絵手本 #和彫り
#浮世絵#木版画#錦絵#和本#ukiyoe#woodblockprint#suikoden#水滸伝
#武者絵の国芳
#夏祭浪花鑑

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s