一英斎芳艶 頼光足柄山に怪童丸抱図 1859 Yoshitsuya/Raikou Ashigarayama ni Kaidomaru kakae no zu/1859 #浮世絵#錦絵#木版画#ukiyoe#kintaro#金太郎

一英斎芳艶 頼光足柄山に怪童丸抱図 1859

Yoshitsuya/Raikou Ashigarayama ni Kaidomaru kakae no zu/1859

歌川 芳艶(うたがわ よしつや、文政5年閏1月1日〈1822年2月22日〉 – 慶応2年6月22日〈1866年8月2日〉)とは、江戸時代末期の浮世絵師。歌川国芳の門人。月岡芳年や落合芳幾など並み居る国芳門弟たちの中に隠れ、名前は殆ど知られていないが、国芳の武者絵の才能を最もよく受け継いだ絵師である。姓は甲胡、名は万吉。歌川を称す。一栄斎、後に一英斎と号す。「歌川芳艶」という歌川姓を冠した落款は今のところ見当たらないため、一英斎芳艶と呼ぶべきだという意見もある。
日本橋本町二丁目の駕籠屋「十ノ字」の子として生まれた。甲胡清三郎の弟。15歳で国芳に入門、17歳の時髪結床の暖簾に九紋竜と魯智深の雪中奮闘の図を描き、その力強い筆法と彩色の艶麗さが評判となり、それを見た国芳は彼に「芳艶」の号を与えたという。天保年間末頃にデビューしたとされ、現在確認されている最初作は美図垣笑顔作『花紅葉錦伊達傘』の挿絵であった。見世物絵も描いているが、若くして武者絵で才能を発揮し人気を博す。同門の歌川国輝とは良きライバルで、刺青の下絵において競いあい、芳艶なら児雷也、国輝なら「狐忠信」と並び評された。ウィキペディアより
#刺青原画 #デザイン #絵手本 #和彫り
#浮世絵 #木版画 #錦絵 #木版画#ukiyoe#woodblockprint
#浮世絵#錦絵#木版画#kintaro#金太郎

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s