歌川豊国(三代)古今名婦伝 遊女地獄 1861 Toyokuni the third/Kokon meihu den/yujo Jigoku/1861 #浮世絵#錦絵#木版画#ukiyoe#地獄太夫#jigokudayu

歌川豊国(三代)古今名婦伝 遊女地獄 1861

Toyokuni the third/Kokon meihu den/yujo Jigoku/1861

歌川 国貞(うたがわ くにさだ、天明6年5月19日[1]〈1786年6月15日〉 – 元治元年12月15日〈1865年1月12日〉)は、江戸時代の浮世絵師。のちの三代目歌川豊国。初代歌川豊国の門人。本名は角田 庄五郎(すみた しょうごろう)。後に庄蔵、肖造と改める。画姓として歌川を称す。号は、五渡亭(文化8年から天保末)、香蝶楼(文政10年から嘉永初)、一雄斎(文化9年から)、琴雷舎(文化10年)、北梅戸、富望山人、富望庵、桃樹園、応好、月波楼(文化8年)、喜翁(文久2年)、国貞舎豊国、雛獅豊国、浮世又平、不器用又平などがある。面長猪首型の美人画が特徴。存命中と没後で評価が分かれる。弘化元年(1844年)の一陽斎豊国襲名後は工房を安定させ大量の作品を出版、作品の数は浮世絵師の中で最も多い。その作品数は1万点以上に及ぶと言われる。ウィキペディアより
#刺青原画 #デザイン #絵手本 #和彫り
#浮世絵 #木版画 #錦絵 #ukiyoe

#地獄太夫#jigokudayu

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s