月岡芳年 月百姿 史家村月夜 九紋龍 1885 Yoshitoshi/one hundred aspects of the moon/Shikason tsukiyo Kyuumonnryu/Nov.1885 #浮世絵#木版画#錦絵#ukiyoe

月岡芳年 月百姿 史家村月夜 九紋龍 1885
Yoshitoshi/one hundred aspects of the moon/Shikason tsukiyo Kyuumonnryu/Nov.1885
『月百姿』(つきのひゃくし、つきひゃくし])は、月岡芳年が1885年(明治18年)から1892年(明治25年)、数え47歳から54歳の時に発表した浮世絵の連作。月をテーマとした全100点揃物の大判錦絵である。のべ8年を掛けて完結し、1892年(明治25年)6月の芳年の死の直後に100作品に目録と序文を添えた画帖が発売された。幅広い画題と多彩な画風を駆使して描かれ、芳年の最後の大作・代表作の一つと評価されている。本作における画号は大蘇芳年。版元は日本橋の滑稽堂秋山武右衛門。
月岡 芳年(つきおか よしとし、1839年4月30日(天保10年3月17日) – 1892年(明治25年)6月9日)は、幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師。姓は吉岡(よしおか)、のちに月岡。本名は米次郎(よねじろう)。画号は、一魁斎芳年(いっかいさい よしとし)、魁斎(かいさい)、玉桜楼(ぎょくおうろう)、咀華亭(そかてい)、子英、そして最後に大蘇芳年(たいそ よしとし)を用いた。
河鍋暁斎、落合芳幾、歌川芳藤らは歌川国芳に師事した兄弟弟子の関係にあり、特に落合芳幾は競作もした好敵手であった。また、多くの浮世絵師や日本画家とその他の画家が、芳年門下もしくは彼の画系に名を連ねている。ウィキペディアより
#刺青原画 #デザイン #絵手本 #和彫り
#浮世絵 #木版画 #錦絵 #ukiyoe

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s