揚州周延 水滸伝雪挑 九紋龍史進 花和尚魯智深 1886 Chikanobu/Suikoden Yuki no Danmari/1886 #浮世絵#木版画#錦絵#ukiyoe#woodblockprint#meiji

揚州周延 水滸伝雪挑 九紋龍史進 花和尚魯智深 1886

Chikanobu/Suikoden Yuki no Danmari/1886

水滸伝雪挑(すいこでんゆきのだんまり)という芝居があり九代目市川團十郎の好みで、河竹黙阿弥が作った。支那の小説の水滸伝中の一節で、本家の中国では演じてない部分である瓦罐寺雪中の場 ( がかんじ せっちゅうのば )に力のある豪傑として出てくる。(原色刺青大鑑1973より)

楊洲 周延(ようしゅう ちかのぶ、天保9年8月8日〈1838年9月26日〉 – 大正元年〈1912年〉9月29日)とは、江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師。歌川国芳、三代歌川豊国及び豊原国周の門人。姓は橋本、通称は作太郎、諱は直義。楊洲、楊洲斎、一鶴斎と号す。
越後国高田藩(現新潟県上越市)江戸詰の下級藩士橋本弥八郎直恕(なおひろ、家禄5石6斗2人扶持)の長男として生まれる。弥八郎は中間頭を務め、徒目付を兼任した。文久2年(1862年)の記録によれば、25歳の周延も「帳付」という役職についている。周延は、幼い頃に天然痘にかかりあばた顔だったため写真嫌いで、亡くなった時も写真は1枚も無かったという[。
嘉永5年(1852年)15歳で国芳に絵を学んで、一丹斎芳鶴を名乗る(有署名作品は未確認)。安政2年(1855年)頃から三代目豊国につき、二代目歌川芳鶴、一鶴斎芳鶴と称して浮世絵師となった。その後、豊原国周門下に転じて周延と号した。周延の作画期は文久頃から明治40年(1907年)頃までの約45年に及んだ。周延は3枚続の風俗画を得意とし、美人画に優れていた。ウィキペディアより
#刺青原画 #デザイン #絵手本 #和彫り
#浮世絵 #木版画 #錦絵 #浮世絵#木版画#錦絵#ukiyoe#woodblockprint#meiji#浮世絵#木版画#錦絵#ukiyoe#woodblockprint#meiji

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s