葛飾為斎 万物図解 為斎画式 上下 元治元年 (明治31年版)Isai gashiki/Katsushika Isai 1864 republished in 1898

葛飾為斎 万物図解 為斎画式 上下 元治元年 (明治31年版)Isai gashiki/Katsushika Isai 1864 republished in 1898

葛飾為斎 万物図解 為斎画式 上下 元治元年 (明治31年版)Isai gashiki/Katsushika Isai 1864 republished in 1898

葛飾北斎の門人。姓は清水、俗称は宗次。葛飾の画姓を称し、酔桜軒、酔桜楼などと号す。江戸の人で浅草蔵前や向島の辺りに住む。錦絵を初めとして版本の挿絵、肉筆浮世絵も手がけており作域も広い。画風は北斎に酷似しており、安政6年(1859年)に横浜が開港されると、海外輸出向けの浮世絵を多く描いて利を得たという。小布施に旅したこともある。
作として元治元年(1864年)刊行の絵手本『為斎画式』二冊、翌慶応元年(1865年)刊行の『花鳥山水図式』五編などの他、嘉永5年(1852年)刊行の測量書『量地図説』(甲斐広永編)の挿絵、安政5年(1858年)刊行の読本『日蓮上人一代図会』六巻の挿絵などがある。肉筆画では「雷神図」や「玉巵弾琴図屏風」などが知られる。
晩年は横浜に住み、そこで死去した。享年60。なお北斎晩年の為斎宛ての書簡に、「神山熊三郎」という人物のものがあるが、これが為斎と同一人かどうかは未詳である。ウィキペディアより
#刺青原画 #デザイン #絵手本 #和彫り
#浮世絵 #木版画 #錦絵 #ukiyoe

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s