河鍋暁斎 暁斎鈍画 暁斎略画 明治14年 Kyosai Donga(top) Kyosai Ryakga(bottom) Kawanabe Kyosai 1881

河鍋暁斎 暁斎鈍画 暁斎略画 明治14年 Kyosai Donga(top) Kyosai Ryakga(bottom) Kawanabe Kyosai 1881

河鍋暁斎 暁斎鈍画 暁斎略画 明治14年 Kyosai Donga(top) Kyosai Ryakga(bottom) Kawanabe Kyosai 1881
河鍋 暁斎(かわなべ きょうさい、天保2年4月7日〈1831年5月18日〉 – 明治22年〈1889年〉4月26日)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、日本画家。号は「ぎょうさい」とは読まず「きょうさい」と読む。それ以前の「狂斎」の号の「狂」を「暁」に改めたものである[1]。明治3年(1870年)に筆禍事件で捕えられたこともあるほどの反骨精神の持ち主で、多くの戯画や風刺画を残している。狩野派の流れを受けているが、他の流派・画法も貪欲に取り入れ、自らを「画鬼」と称した。その筆力・写生力は群を抜いており、海外でも高く評価されている。ウィキペディアより
#刺青原画 #デザイン #絵手本 #和彫り
#浮世絵 #木版画 #錦絵 #ukiyoe

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s